綺麗な写真が撮れる秘訣、構図の紹介

写真はデジタルカメラの普及によって非常に身近な存在になり、
フィルムカメラの時のように極端な枚数制限も無くなりました。
しかし、依然として綺麗な写真を撮ることは簡単なことではありません。

そこで今回は、綺麗な写真を撮るにあたり気を付けるべき一要素、
構図について書いていきたいと思います。

■結論

次のような構図に気を付けると、綺麗な写真が撮れる傾向にあります。

・上下左右の端っこから、3分の1~4分の1のところに被写体を配置する
・被写体が人や動物だったら、視線側に余白を広くとる
・写真の中に三角形を作る
・たまにはものすごい寄ってみる、あるいはズームしてみて、一部だけをクローズアップする
・地面側から撮ってみる

■詳細

写真の構図は代表的なものでもいくつか種類があります。

まず考えられるのは、被写体を真ん中に置くか、それとも端っこに寄せるかですが、
個人的には、端っこに寄せる構図がおすすめです。

真ん中に被写体を配するのは、日の丸構図と呼ばれますが、
これは少しハードルが高いように思います。
というのも、ド真ん中で、かつ、きっちりと水平で、
レンズの歪みも無いような倍率で、、と、結構な注文をクリアしないと、
なかなか人間の目というものは細かいもので、
違和感を覚えたり、あまり良い写真に思えない印象を受けたりするためです。

では、端っこに寄せる構図というのは、一体どのようなものか、
この寄せ具合にもセオリーがあり、一般的には3分の1~4分の1のところに
被写体を配置するのが綺麗とされています。

では左右(もしくは上下)のどちらに寄せるか、これは感覚的なものに
頼ってもらうのがいいと思いますが、もし被写体が人間が動物だった場合は、
その視線側の余白を広くとると、綺麗な写真に見えます。

上記を踏まえると、こんな感じです。

なお、3分の1~4分の1と書きましたが、これは目安ですので、
それより端に寄せても問題ありません。
特にフィルムカメラ時代の、写真の縦と横の比率に比べて、
今は液晶パネルの横長化に伴ってデジタルカメラで撮れる写真も
どんどん横長になってきているため、
この辺りは何枚か撮ってみて、その変化を観察しても面白いかもしれません。

他にも、写真の中に三角形を作れば綺麗な写真に見える、というものがあります。
例えば先ほどの、端に寄せる場合の構図で、例を出してみましょう。

これ(A)と

これ(B)なら、

Bの方が、三角形が写真の中に構成され、綺麗な写真に仕上がる傾向にあります。

三角形を作るには、例えば遠くに伸びていく道路など、
遠近感のパースを使うのも、良いかと思います。

また、もしズームレンズを使っているのであれば、被写体の一部、例えば顔をアップして
背景を思いっきりぼかすという選択肢もあります。
普段はどうしても体の全体を入れがちな写真になるかと思いますが、
顔だけをとらえた写真というのもなかなか珍しいので印象的な写真になることが多いです。

ズームをしなくても、近くに寄って画面いっぱいに写すのもありです。
例えば机の上のお料理を撮る時も、机やお皿全体を入れるのも良いですが、
もっと近くに寄って、お皿も部分的に少し切りかけさせてフレームに入れてみると、
最近で言えばインスタ映えするような写真になるでしょう。

もう一つ、変わった構図をご紹介しましょう。
それは、真下から見上げて写真を撮る方法です。
例えばで地面に生えている花を下から撮ったり、
あるいは小さなお子さんを被写体とする時に活用できる方法です。
私はよく、桜をバックに下から見上げて撮ったりします。

この時、被写体は中央でも構いませんが、足元を大きく 入れた方が
より臨場感があっていい写真が撮れることが多いです。

この場合、通常のレンズではなく広角レンズの方が、
より臨場感の溢れる写真を撮ることができるでしょう。
わざわざ広角レンズを買わなくても、最近のスマートフォンのカメラは
広角よりになっているものが多いですので、一度試してもらえると嬉しいです。

なお、下から見上げる場合は、逆光になりやすいので、
適宜フラッシュを焚くといいかと思います。

■あとがき

どの構図にも言えることですが、余白が実は重要です。
余白を作ることで、その写真の主題、テーマ、一体何を伝えたいのかを
より強くアピールすることができます。

上の方に出ていた被写体の視線の先の空間をとるということもそうですが、
写真に感情をうまく表せるようになると、また新たな世界が広がるかもしれません。
私自身もまだそのようなレベルには到達しておりませんが。。

デジタル一眼などを使って写真を撮り始めると、色々なレンズで撮ってみたい
衝動が出てくるかもしれません。
レンズを変えるとそれに従って、撮れる写真が簡単に変わりますので、
あまり簡単に買えないかもしれませんが、
是非ともトライしていただければと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です